fabulous

おくりびと

c0119068_12836.gif

人は誰しも、いつかは、おくりびと、おくられびと。

題材もそうだけど、創りかたも素晴らしく、こころに沁みるイイ映画。
そして、いい映画に忘れちゃならないのが音楽なんだけど、
この映画の音楽担当はあの「久石譲」
曲とストーリーが相俟って、それはそれはうつくしい。
うつくしいと言えば、もっくんの所作、立ち居振る舞い、身のこなし。

「納棺師―それは悲しいはずのお別れをやさしい愛情で満たしてくれるひと。」

伊江門のもっくんが大好きで、あの繊細さは本人自身だった。
あんなに素敵なのに、2児の父親でいい男すぎる。

それこそ、やさしい愛情で満たしてくれるそんな映画。
おすすめです。
[PR]
by impactcompact | 2008-10-29 01:28

日々の日記
by impactcompact
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自分のやっていることに
何の意味があるんだって
思うけど、でも、きっと、
私たちに生きる意味なんて必要ありません。
私たちに必要なのは、生きる意志です。



お得なポイント貯まる!ECナビ

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな